あげやすいタイプとは?

white dog

ペット用の薬とされている製品は数多くあり、レボリューション以外にも、イヌやネコのフィラリア症への予防効果を持つ薬も存在しています。しかし他の薬と、レボリューションとの間には大きな違いがあります。レボリューションは、「その他の予防薬に比べてペットにあげやすい」という性質を持つ薬なのです。
では、「あげやすい」とは具体的にはどういうことなのでしょうか?それは説明すれば「ああなるほど」と、誰もが納得できることです。
レボリューションは、薬は薬でも飲み薬ではなく塗り薬なのです。より正確にいえば、ピペットというスポイトに似た器具を使い、イヌやネコの皮膚の一部に垂らしてあげることで、投与が完了します。ちょっとの間じっとしてもらって、ピペットを絞って毛の間の地肌に垂らしてあげればOKです。

これが飲み薬よりもあげやすいタイプだと言えるのは、イヌやネコを実際に飼っている人ならうなずいてくれることと思います。イヌはまだなだめすかしておとなしく飲ませることも可能ですが、特にネコの場合は、彼らの気に入らないものを口に入れるというのは至難のワザなのです。
これまでに何かの薬をネコにあげるときにひっかかれたり鳴かれたりして非常に苦労した……そんな経験を持っている人なら、レボリューションの使いやすさはきっとわかってくれるでしょう。

レボリューションは、皮膚に垂らしたあとで乾かさなければならないので、特にネコにあげる場合は彼らが昼寝しているときなどを狙うと、しっかりフィラリア症の予防を行うことができます。